ホーム > 製品とサービス > 導入までの流れ

ページの先頭へ

製品とサービス

導入までの流れ

連結経営管理システムを導入する際に必要な全てのご要望に応え、「勝つための新しい企業経営を提案・実行する」みなさまのパートナー企業連合体です。「上流コンサル」「導入・カスタマイズ」「営業支援」「開発支援」は独立したジャンルではありません。全てが関わりあってこそ理想的な連結経営が構築できます。現状分析からご提案、導入、メンテナンスと全てにおいて最強のメンバーで“連結経営”をご提案いたします。

タスク 内容 成果物
1.現状分析 現状を分析しGAPを洗い出す。 *FIT&GAP表
2.要件定義 FIT&GAP表をもとに機能要件を定義する。 *要件定義書
3.環境構築 ハードウェア導入、G-MAN e2インストール。 *システム構成図
4.導入作業 導入計画をもとにフェージング導入を行っていく。個別開発部分に関しては、開発・社内テストが終了した時点で順次導入していく。 *導入定義書
5.教育 G-MAN e2の操作説明、教育を行う。 *操作マニュアル
6.システムテスト 導入された機能に対してのテストを行っていく。 *テスト仕様書兼結果報告書
7.仮運用 G-MAN e2を本番環境と同様にし、ユーザー様でご利用頂く。  
8.本番稼働 G-MAN e2の本番を稼働する。